顔面アウトの激安有料コンテンツ Vol 2 「草言語の世界」


このページの閲覧に必要なトークンを持っているか確認するために、ログインが必要です。

世の中にはたくさんの暗号通貨がある。でも、そのなかで実際に使われてそれなりのシェアを獲得できるのはほんの一握り。
その頂点に君臨するのは今でもやはりBitcoinだが、後続のコインもスペックや仕様の上ではBitcoinよりも優れているということを謳うものも多い。
しかしながら必ずしもスペックや仕様でシェア争いに勝てるわけではなく、むしろ古い奴の方が有利な場合も多いかも。

技術の面から暗号通貨を見ている暗号通貨マンは、この辺りをよく心得ています。それはなぜか?というと、プログラマが飯のタネにしているプログラミング言語というやつも、大体同じような歴史を歩んできたからです。

プログラミング言語も、有象無象のコインのように星の数ほどたくさん種類が存在します。しかし、種類が多い割に実際に仕事で使われるのはほんの一握りで、それ以外はほとんど草言語と言っても過言ではないのです。

さて若干強引なこじつけで始まりましたが、今日はそんな草言語の世界を皆さんにご紹介したいと思います。

(続きはトークン保有者のみ読めます)